So-net無料ブログ作成

低体温 [健康]

35℃台は要注意!「増える低体温の人を特捜せよ!」
って感じで、低体温の危険性を訴えていました。

「とくダネ」曰く、

低体温というのは手や足が冷える冷え性とは別物。
原因は、体の中、内臓が冷えているから。
病気が隠れている可能性もあるので注意が必要。

低体温な人々は
内蔵の温度が低く 標準以下である。
血流量が少なく 標準の10分の一。
免疫反応が落ちていて病気になりやすい。
免疫反応は、36度以上で盛んになるとの事。

低体温の人の生活を覗いてみると
Aさんは 飲み物はすべて常温。冷たいそばも食べない。
Bさんも 飲み物は常温はもちろん サラダや冷奴もレンジでチンしていた。
医者からは、冷たいものは温めて食べるように指導されたとか。
(テレビを見ていて唖然としてしまいました)

低体温な人は子供の頃に作られ 体温調節機能がうまく働かなくなる。
(私の生まれたころのように、夏暑くて、冬寒い、
という体験が出来なくなってきているのが、問題。
冷やしすぎ、暖めすぎはやめましょうね。→特に、各企業の皆さん)
なかには バスガイドさんのように冷房などの冷えが原因で
大人になってから低体温になってしまう人もいるそうだ。
(実際、私も派遣先でエアコンの冷風にさらされる位置に配置されたため、
一時的な低体温になってしまった。食事療法で3ヶ月くらいかけて元に戻しました。)

どうやって低体温を治すのか。
体の中にある筋肉「深層筋」を鍛えて治す!
1)背筋を伸ばし椅子に座って、顔をまっすぐに向け、
 右足の膝と左ひじをくっつける。反対側も行う。20~30回
2)仰向けに寝て 片足を上げ つま先でサッカーボールほどの円を描く。
 反対側も行う。20~30回
3)肩幅に脚を開きたち 手を横に水平に広げ 体を左右にねじる。

食べ物にも 体を冷やす食べ物と 体を温める食べ物があるので気をつけたい。
体を冷やすのは 白砂糖 夏野菜や果物 
体を温めるのは 黒砂糖 しょうが、ねぎ、にんにく、唐辛子など

とうがらしには、カプサイシンが多く含まれて入るので、納得。(参考:カプサイシンで肌の潤いを回復
私は、キムチを常食として利用しています。
黒砂糖は、私はあまり料理はしないので、黒糖もろみ酢をソーダで割って飲んだりしてます。
基本的には、この二つで一時的な低体温を解消できました。
ま、もともとが平熱36.3度くらいだったので、慢性的な低体温の方に効果があるかどうかは
定かではありませんが...
試して見る価値はあるかもしれませんね。

■参考書


かなり衝撃的なタイトルですが、ちょっと興味をそそります。

結局のところ、夏場にエアコンで冷やしすぎるのは大企業では変わっていないんですよねえ・・・




料理好きの方にはこのレシピ集がお勧めです。



凍る体―低体温症の恐怖

凍る体―低体温症の恐怖

  • 作者: 船木 上総
  • 出版社/メーカー: 山と溪谷社
  • 発売日: 2002/02
  • メディア: 単行本



電子体温計の研究―微熱や低体温で悩むあなたに

電子体温計の研究―微熱や低体温で悩むあなたに

  • 作者: 西山 豊
  • 出版社/メーカー: 法律文化社
  • 発売日: 1993/04
  • メディア: 単行本

PC活用術 映画と音楽 最近買ったもの 生活快適術 物欲王


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 1

キリ番

私は、平熱は34.5度です。この平熱の時が、体調がよく、頭の回転がいいです。でも、血の気が失せて、あんまし、体がよく動かないのは確かです。

今、熱がでて、頭が痛く、ぼっーとするので、熱さまシートをしています。現在の体温は、36.1度です。

私は、体温が35.4度を越えると、体調がおかしくなり、35.6度あたりから、熱ぽくなり、35.8度から、熱さまシートを使わないと、ぼっーとしてしまいます。そのかわり、血の気がまわりはじめて、指の爪が真っ赤になり、体がよく動く様になります。でも、熱さまシート使わないと、すぐに、頭が痛くなって、思考が停止して、行動を停めてしまいますが・・・。

>低体温な人は子供の頃に作られ 体温調節機能がうまく働かなくなる。(私の生まれたころのように、夏暑くて、冬寒い、という体験が出来なくなってきているのが、問題。

まあ、幼少の頃から、低体温だったですが・・・、私が生まれ育った頃は、アルミサッシや家庭用エヤコンがなくて、夏は暑くて、冬は寒いのをもろに接してましたけど・・・低体温になりましたよ。エヤコンも、今まで、自宅で使った事ないし・・・「夏暑くて、冬寒い、という体験」がないが原因とは、思えないです。
by キリ番 (2006-10-21 07:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。