So-net無料ブログ作成
検索選択

Winnyの危険性を認識しよう [ソフトウェア]

基本的にあまりにもばかばかしいので、Winny関連は
触れないようにしていたのですが、
ちょっとひどすぎますので、ひとこと。

マスコミ関係者からの情報漏洩、ということで、ショックです。

まずは、この記事を見て欲しい。
引用元:ZAKZAK-TBS「さんまのカラクリTV」内部情報流出
ここから、引用すると、

「普段はノートパソコンを使用している。夫に聞いたらウィニーを使っていたようなことを話していたが、普段は自分しかパソコンを使わないはずだったが…。私はウィニーを頻繁に使っているというわけではない。ウイルスに感染すると情報は消去できないのですか」


そもそも、マスコミに従事するものがパソコンに詳しくないからなどという言い訳をして欲しくない。
詳しくないのであれば、料金を支払ってでもある種のサポートを受けるとかいくらでも手はあるはずです。
もっとも、Winnyを使用しようとする人が無形のものに対して料金を支払うとは思えませんが...
ここまでくると、著作権に対するモラルもユーザー以下といわざるを得ないでしょう。著作権を無視するユーザーばかりだと非難するよりも、自らの意識を高めるのが先決ではないでしょうか。
あと、若干外しているかもしれませんが、(最大限譲歩するという意味で)最低限ネットワークに接続するPCであるならば、ウィルス対策ソフトは必ず導入してください。
サポートが必要ならば、お店で売っているものを、PCに多少詳しい人ならば、ダウンロード版を利用すれば安価、もしくは無料で利用できるものもあります。ただし、無料のものは、個人利用に限定されているものがほとんどです。
「自分に限って」ということは考えないで欲しいです。

Winnyには違法性がない、という方へ
ファイル共有をするのならば、何もWinnyを使わなくても、もっとセキュリティの高い共有方法があります。
Winnyの作者がどういう立場に追い込まれているかを考えれば、(その判決はともかくとして)おのずと、どうするべきかが分かると思います。
ソフトウェアを開発するのは自由ですが、市場への影響も考えて欲しいものです。

とりあえず、PC WatchやInternet Watchなどから、関連リンクを抜き出してみました。
Winnyを利用する時間のある人は、ぜひともこれらの記事に目を通してください。
(せめて、まとめ記事の一部だけでも)
それでも使う、というのならば何も言えません。
IPAではありませんが、最大限譲歩するにしても仕事中のWinny使用なんて、あり得ますか?
今一度、自分に問い掛けてみてはいかがでしょうか。

以下のリンクは最近のものだけです。
興味のある方は、よく使用するニュースサイトで検索してみてください。
山のように出てきますので。

■まとめ記事
本誌記事(インターネットウォッチ)に見る“Winny流出”

■呼びかけ
「Winnyを使わないで」安倍官房長官が国民に呼びかけ
Winnyはあなたの仕事に本当に必要か~IPAが「使用上の注意」
「それでも貴方は使いますか?」WinnyユーザーにIPAがウイルス被害を警告

■情報漏洩
ZAKZAK-TBS「さんまのカラクリTV」内部情報流出
ZAKZAK-ウィニーに衝撃、芸能界困惑…住所、電話番号流出
ANAの搭乗ゲートの暗証番号などが流出、Winnyを通じて流出した可能性

■対策
ネットエージェント、Antinny感染歴を調査するツールを無償提供

窓の杜 - 【NEWS】ファイル共有ソフト「Winny」経由で感染するウイルスの駆除ツールが無償公開


nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。