So-net無料ブログ作成
検索選択

DS一人勝ちのヒミツは「おもちゃ戦略」 [ゲーム(コンシューマ向け)]

夕刊フジブログに
DS一人勝ちのヒミツは「おもちゃ戦略」
という記事が掲載されていました。
ニンテンドーDS ピュアホワイト

ニンテンドーWi-Fi USBコネクタ

あろうことか、ゲームソフトランキングのトップ10をみると、DSソフト勢が占有している状態。
対抗機種であるはずのPSPPSP「プレイステーション・ポータブル」 バリュー・パック セラミックホワイト)用のソフトなんて、ランクインしていたら「奇跡」って感じですもんね。

記事にもありましたが、結局のところゲームユーザーが求めるものをメーカー側がきちんととらえることができたかどうか、が勝負の分かれ目になったのではないのでしょうか。
PSPは、結局、メモリースティックやPCがないと、本来の性能を発揮できないので、ここで階段が出来ちゃいましたね。
もちろん、既存のPCユーザーには面白いデバイスで、特に初期ロットなんてオークションサイトでは大人気のようで、高値で取引されているようです。(くわしくは、「PSP」と「エミュレータ」あたりでググってね)

また、高画質再生やブルーレイ搭載など、高級路線を進めても、たとえば50インチの大画面でゲームする人はそうはいません。というくだりには、これも同意見です。
現在、次世代の光磁気ディスクの規格が真っ二つに分かれ、20年前に巻き起こった、ビデオテープの規格戦争の再戦が勃発しています。
本当に学習能力のない会社ですね。
ま、これはおいといて、
「50インチの大画面で」のほうですが、
現在、地上デジタルへの以降時期で、対応テレビが増えている、というニュースを耳にするのですが、私の周りではまったく保有している人がいません。
お世辞にも高所得層と呼ばれる人との付き合いがないので、これが原因かもしれませんが...
でも、DSのような低価格ゲーム機を持っている人は回りに大勢います。
ああいうニュースって信憑性あるのかなあ?って疑っちゃいます。

現在の一般的な家庭では、リビングと自室、子供部屋、などと3台くらいのテレビは所有しているでしょう。
で、リビング以外のテレビは大体が15インチくらいのテレビデオ、ってケースが多いのではないでしょうか。
地上デジタルに移行したら、こういう環境ってどうなっちゃうんですかね。
必ずしも多くの人が高画質、高音質を望んでいるわけではないのです。
いまでも、衛星放送などで、そういうのを望む人には十分なサービスが提供できているわけですしね。

悔しかったら、3万円以下で実用に耐える地上デジタル対応の15インチテレビデオを販売してみろ、ってところでしょうか。
(多分、字幕とかは見えないんだろうなあ)

アナログ停波はやめてほしいものです。

また、脱線してしまった...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。